2012年04月07日 : Nonsence Logic
FC2ブログ
2012 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 05

怪しいお店

 【07//2012】

大阪の住人はどうして、あそこまで似たような格好をしているのか。歩いている女性が皆同じに見えます(AKB48のメンバーも全員同じに見えます)。ケバケバしい見っともない恰好をして恥ずかしくないんでしょうか。私って俗に言う『ギャル系』ってのが非常に苦手です。中には賢く私の話にも付いてこれる人間がいるのでしょうが、大半は驚くべき頭が悪く皆揃ってメディア奴隷。頭の中は常にピンク。恋愛や性の事しか興味がないのでしょうか。恋愛なんて人生に一切価値の無い話をして盛り上がっている人間を見ると本当にイッライラします。一体私の理想の女性はどこにいるのでしょうか。誰かに紹介してもらいたいどうもRyu1です。

久々に安眠できたのか、目を覚ますと昼を過ぎて14:30でした。いやーゆっくりできるってバラシース(素晴らしいの意)ですね!目覚めてから真っ先にやるのがモンスターハンター。これが紳士的生活です。矮小なモンスターを数匹切り倒していたらラーハーも減ってきました。思い返してみると16時間以上何も食べていません。このままではエヴァンゲリオンの様になってしまう(エネルギー残量的にも体格的にも)と危機感を感じたので、外出し飯を食いに出かけました。何を食おうか心斎橋を彷徨っていると一匹の犬に声をかけられました。犬とコミュニケーションを取っていると、どうやらカレー屋という情報を掴みました。ココイチ以上に美味しいカレーはこの世に存在しないと確信していますが、何やら怪しい雰囲気が気になったので入店。

0407
闇の淫獣が混ぜられたカレーを注文。うむ。なかなか美味しいではないか。ココイチを越える事は無いにしても旨いです。カレーの味よりも店主の醸し出す怪しい雰囲気が非常に気に入りました。1000円以外のお札は受け取らず、他の店で両替させてから金を払わせる姿勢が二郎系のお店に似ています。話も饒舌で、食べ終わってから数十分間話し込んでいました(軟禁)。700円の賃金を払い解放された後にホテルで先ほどの店を調べてみると、どうやら有名なお店の様でした。確かに店内に様々なサインが飾られていた気がします。でも面白い髪形や色をした化粧した男(私じゃないですよ)のポスターが多かった気がします。

その後部屋でゆっくりと、スポーツを観戦した後に大阪が誇る3代料理の1つである串カツを食いに行きました。
0407-2
店主一人で黙々と串を揚げる姿はまるで職人のあり様でした。味は非常に美味しく、値段も庶民的で私が求めるコストパフォーマンス的には最適でした。店主は恐らく60歳を超える後期高齢者なのですが、アルバイトの女性たちは皆20代であろう美しい人ばかり(発電機と比べて)。何やら怪しく不穏な空気感を感じながら黙々と串カツを頬張っていました。店主をありがとー!朕は満足じゃ!!ちなみに本日のウェブログ数は1222字でした。

今回はここまで。
でわにゃん=ΘωΘ=ノシシシシシシシシシシシシシシ
シッポサキマルキリ。

Category: Weblog

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る