2012年04月16日 : Nonsence Logic
FC2ブログ
2012 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 05

胸糞悪い世の中

 【16//2012】

デスクワークの激務と寝不足とモンハンの影響で両肩がオリハルコンの様にがっちがちに硬くなっています。日常生活に支障をきたすレベルの肩凝りです。誰か(誰でも良いわけでは無く、巨乳で黒髪でおさげで眼鏡を着用していて、指先がひんやりと冷たく、幸が薄そうな美人)に肩を揉んで欲しいどうもRyu1です。

最近何事に対してもイライラしてこの世の中をぶっ壊してしまいたくなる搖動が抑えきれなくなります。先日も他人の年上女(眼鏡巨乳)に本気で叱責をシーカマしました。今思い出しても胸糞悪い出来事でした。今日、日本が誇る歓楽街の歌舞伎町から飯処まで移動する為にタクシーに乗車。Ryu1さん御一行は住所が分かったものの、その行き方や距離感を全く掴めて無かったので、タクシーを利用する事を決意(本来なら自家用ジェットで行きますよ)。タクシーに乗車し私は、『土地勘が無い為に近いか遠いか分からないのですが住所を言うので連れていってもらえますか』と丁寧に常識ある成人の対応をしたのにも関わらず、住所を言っていると、近いのか分かりませんが、タクシーの運ちゃん(紳士はこう呼びます)は笑っています。そこの時点で既に怒りそうになりましたが、我慢して行き先に向かってもらいました。移動中も『何の店なの?』、『この距離ならメーターあがんないね』、『この辺だから探して』というぶっきら棒な問いかけに礼儀正しく敬語を使い話していました。何故にタクシー運転手は、こちらが敬語を使っているのにも関わらずタメ口で話しかけてくるのでしょう。理解に苦しむし、そんな人間だからタクシーを運転する事しか出来ないんだという社会のピラミッドが垣間見えたりもします。

そんな運ちゃんにイッライラさせられながらも食事処に到着。お好み焼き等を上品に召し上がる事が出来る私にピッタリな飯処。店内は、テーブル席が5席、カウンターが4席で構成されているようです。入店すると札幌育ちの店員が『カウンター席にいどーぞ』と言ってきたので、私は『テーブル席が良いのですが、駄目なのですか』と尋ねたところ、『駄目なんですよ』との返答。私たちは2人で行ったのですが、テーブル席には2人組の人もいます。タクシーに対してイッライラして、そこでもイッライラてブチ切れそうになりました(ぷんすか)。しかし、寸前の所でグッと堪えました(偉)。何とかテーブル席に移してもらう方法が無いかとIQ300を越える超絶な頭脳で思考を巡らせたところ天才的な閃きが。金に物を言わせ、大量の注文をし、カウンターに乗り切らなくすればいいと考え付きました。そこで、私たちはメニューを片っ端から注文。そうするとまもなく、カウンターには乗らなくなり、テーブル席に移動させてもらいました(わーい)。この場合は私が我儘なんでしょうか。それとも、店員が意固地なんでしょうか。

0416
豚(皆様の事では無く闇に潜み汚い毛皮を身に纏った4足淫獣の方です。ご安心下さい)の内臓を喰いました。ホルモンミックスの様な商品名で丸腸やレバーやガツなど様々ないやらしい消化器官が濃厚なタレといやらしく絡み合いバラシース(素晴らしいの意)なハーモニーを奏でていました。他にも、豚の軟骨やニンニク丸ごと焼きや、イカの丸焼きやお好み焼き(豚)やソース焼きそば(豚)など豚料理を思う存分堪能しました。大量に注文し、お会計にビクビクしていた(相手が)、いましたが全部ご馳走になりました。紳士に生まれてよかったー、これからも朕への献上に精進しろー(訳:ご馳走様でしたっ!)。ちなみに本日のウェブログ数は1521字でした。

今回はここまで。
でわにゃん=ΘωΘ=ノシシシシシシシシシシシシシシ
シッポサキマルキリ。

Category: Weblog

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る