2014年02月02日 : Nonsence Logic
FC2ブログ
2014 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2014 03

インターネットに関する考察1

 【02//2014】

本日から暫くはインターネットに関する話をしてみようと思います。約1週間程見て頂きたく思います。興味の無い方は1週間ほど覗かないで下さい。それでは始めましょう!どうもRyu1です。

download_201402051421330ab.jpg
人は何度でも同じ過ちを繰り返す。それは犯した過ちに対して深い考慮も無く、ただ反省としてのポーズだけで済ませてしまうから、一時的には解決したように見えても、根本的には何一つ解決はしていない。解決を後回しにしただけ。それでは全く持って無意味であり無限では無く有限の時間の中では無駄な行為であります。これが最も顕著に表れるのがデジタルネイティブと呼ばれる世代の方々。インターネットが普及し一瞬で膨大な量の情報が入ってきます。その情報の価値を精査する事もなく行為に及ぶ。これは情報の膨大さに対抗しうるのが速度であると勘違いを起こしているからでしょう。手紙って一瞬では書ける物ではありませんし、それなりに作法が存在します。手紙を書いた事のある人なら分かると思いますが、下書きも無しに書き始める人は誰一人いないでしょう。それがメールでは作法なども無くなり、重要になってくるのは速度のみ。受信したら即座に返信をしなきゃいけないという強迫観念にかられてしまいます(皆様なら)。この悪習が最も表されるのが韓国が作り日本を蝕むLINEというアプリ。このチャット機能には相手がその内容を見たか見てないかを把握する為に既読機能が搭載されています。送った相手は既読になっていたら何故返信してこないのか不安にかられ、時として激昂したりもします。ですが、返事ってそんなに直ぐに送れる事ではないんじゃないですかね。そりゃあ実も無いようなどうしようもないやり取りであれば考える必要も無いのかもしれませんが、重要な内容であれば即答は出来ないはずです。例えば友人に1000万円貸してくれと頼まれたとしても、それに対し即答できる人間はいないでしょう。要は今は速度が何よりも重要視されているって事であります。故に、何かに対して反省的では無く、反射的に行動してしまう。今のTwitterのトレンドはこのワードだから、それに関連しなければいけない。その行いの是非を考える余裕が無くなっている。一時流行ったバカッターなどは、まったくもってそれと同じ行為であります。一時的な盛り上がりに反射的に反応してしまう。反省的に行えば、決してそんな行為には及ばないと思います。日本人は賢いのでね。今回のウェブログで伝えたい事は、どんな言動をするにも一瞬立ち止まって考える事が必要なんじゃないでしょうか。特に自分の行為に責任が負えないのであれば尚更。時間は有限ではありますが、その一瞬を考える程少なくはありませんからね。写真は昼に喰ったつけ麺。ちなみに本日のウェブログ数は1196字でした。

今回はここまで。
でわにゃん=ΘωΘ=ノシシシシシシシシシシシシシシ
シッポサキマルキリ。

Category: Weblog

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る