2014年02月05日 : Nonsence Logic
FC2ブログ
2014 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2014 03

ネットに係る考察4

 【05//2014】

さてさて、好評掲載中の『知らずに死ねぬ!世界が終わる前に知りたいネットに係る考察~自殺はコレを知ってから~』。当記事が掲載されてから早4日目ですね。然り、当記事もリポグラム的記事でお届けしたいと意図しております。4日目に引いた文字はフォトを見て下さい。少々難しい4語を引いてしまい早速早計な計画にやや自責(悔)。それでも今日も始めていきますので、対象物を見る力が低下するまで隅々まで注視して下さい。やあRyu1です。

download_2014020707270606c.jpg
我が記録を見て下さっている方々でしたら既に周知だとは推測出来ますが、私はSNSが大っ嫌いでございます。今日は、皆様が目を瞑っているSNSの闇に着想してみましょう。SNSは「使用するのにお金はかからない」「旧友と久々の意思疎通が取れる」「同じ趣味の人達と世界中から意思疎通を取れる」、以上の美辞麗句を謳っております。しかし、綺麗事には裏があります。統計しやすい様に登録は易しく引き込みやすくなってます。だが、皆様のPCや携帯、メールアドレスやニックネーム、所属地域・会社・学校などの情報は全て収集されています。個々のデータと割り出され、皆様が取得した情報や送ったマルチデータ、GPS機能等で実際に行った場所等からクラウド機能を通じて計数材料として提供されるのです。集められた計数材料は、アルゴリズムを使用し統計的再構築を施し、使用無料を支える広告主に売られ、個々好みの趣味に合わせた広告を掲載打ち出せるようにします。より効率的な広告は非常に有益であります。これが世界企業が急いでSNSの開発に取り組む理由であり、アメリカ屈指の最巨大のソーシャル・ネットワーク・サービスが、今後数ヶ月以上潰れない理由であります。最初はネットワークやコミュニケートの中で意味を形成するのは人だけであります。しかしネットワークが巨大化し、情報や主張や意志を他者が理解可能であれば、ネットワーク自体が重要な価値を擁する。しかし仮想ネットワークは私たちには価値はない。実際のネットワークだけが価値を出すのです。
また、「いいね!」が押された数が多い主張だけを見て、世の中を見た気になり、反射的それに対し対応する。ネットでは極論に意志集約しやすく、過激な意思を最初読んだ際は、極地的意思だと思うが、次第に麻痺していく。そして、極地的意思はネット上では周知の意志や主張として扱われ流布し、同じ意志となっていく。どんどんと解釈の尺度を縮め、 聡明さ知識を欠き、反射力を加速させていく。勝手に旧友を探してくれなくて結構だし、意思疎通を欠いた奴は友とは呼ばず。仮想ネットワークによって騙された空想は、文字通り絵空事のネットワークであり、企業に踊らされるピエロの様に写っているやもしれず。ついでですが今日のワード数は1194字でした。

今日はここまで。
でわ=ΘωΘ=ノシシシシシシシシシシシシシシ
シッポサキマルキリ。

Category: Weblog

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る