2014年02月07日 : Nonsence Logic
FC2ブログ
2014 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2014 03

インターネットに関する考察6

 【07//2014】

強行連続連載の『闇口崩子も気になるインターネットの闇~閉じた心は正に悩闇の象徴~』のコーナーです。早くも6日目に突入したインターネットに関する考察ですけれども、三日坊主の倍も更新を滞る事無く続行。ですが、皆様が綴る電子記録何かを見てみると決して6日も続いておらず、三日坊主の模様。要は皆様はアクセスが欲しかったり、コメントが欲しかったり、何かしらのレスポンスが欲しいのですよ。先日も少々考察を巡らせた末に、ウケ狙いの事しか考えられない。電子記録は文字通りネットーク上で自らの記録を取れば良いだけにも関わらず、レスポンスが無いと飽きて辞めてしまう。他のSNSも一緒。SNSに嵌り込む愚かな人間はそこで架空のと友達ごっごに熱心な人間だけ。子供が母親に憧れ成りきりたいと願うのと一緒。電脳世界上でしか友達ごっこが出来ないから、その場を執拗に追い求める。大切なのは現実世界なのに。今回も例に習い禁則言葉は写真参照で。どうもRyu1です。

download_20140209011254941.jpg
冒頭での話を今回は続けましょう。結論から先に述べると、現実世界では様々な魅力が人間性を惹き立て持ち上げてくれる。一方ネット上では考える時間が無く反射的に行動するので分かりやすい薄い人間が持ちあげられる。ネット界でも、ある一定ラインを越えた人間は現実世界の魅力をネット界にも持ち込んでいたり、ネット解析をして人気を博していると思う。だが、そんな人間は極少数であり、大半のネット界の人気者は薄い人間で間違えない。自分の写真を投稿する人間やバカをやっている人間。写真は主にデルモなんて呼ばれる愚かな人間に目立ちますが、男性目線から考えて女の自画撮り画像なんて性的道具にしか使用しませんからね。ジュニアアイドルと呼ばれる未成年の女の子が過激な水着を着て出演するDVDなんて、それ以外のどんな目線で見れるって言うんですか。まさか、冒頭での話に通じていて、父親目線で『小さかったあの子の成長を見る』なんて感慨に浸るのでしょうか。それぐらい皆様でも理解出来るでしょう。その未成年で女って所を最大限に活かしてSNS界で活躍してると自覚していればよいのですが、そうでないのならジュニアイドルと同列な行為ですよ。無料なSNSの方が恩恵が高そうですね。
本来ならSNSに有るべき姿は有益な情報の蔓延である。有益な情報には少々個人さがあるでしょうが、少なくとも悩闇の発言は有益ではありませんよね。それも極僅かな人間にとっては有益なのかもしれませんが、それはまた別の話。でも、有益な情報を発言するには知識を要する。知識量が少ないからインターネットの速度に対応出来ずに反射的行動に走る。考える余裕も力も持ってないので反射的行為に走る。結局は寂しさや孤独感を紛らわす用途でしか使ってない。画像をあげればコメントがある。脱げはコメントが増量する。そこが本音でしょう。そうじゃなければ自らを未成年である事を晒したり、自分の個人情報は晒さないでしょう。でも、その人の考慮の末、取捨選定の末の高であれば尊重すべきであります。それがどんな結果を導こうとも、自らの意志の決定ゆえに尊重すべき。でも誤選定の時点で時遅しなんですけどね。ちなみに本日の電子記録文字数は1376字でした。

今回はここまで。
でわにゃん=ΘωΘ=ノシシシシシシシシシシシシシシ
シッポサキマルキリ。

Category: Weblog

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る