2016年11月 : Nonsence Logic
FC2ブログ
2016 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 12

すげー流行ってる映画

 【23//2016】

我眷属の1人が還暦を目前に某有名ブログサイトにて、ブロガーデビューを果たしたと巷を騒がしておりました。ウェブログ歴としは、圧倒的に軍配が上がる私ですので、負けられないと思い打鍵しているどうもRyu1です。

あまりにも話題になっているから、若干書くのを躊躇っていたんですけど、眷属のブログに対抗するには、この話をするしかないかなーって。気に食わない人も多いと思いますが、皆様の猫の額よりも広い心で受け入れていただければと思います。本題ですが、すごーく話題になっているアニメ映画を見ましたよ、例のアレですアレ。とっても悲しい事に、あまりに話題になっているらしいという情報を聞くと、ものすごーく冷めたスタンスで挑んでしまいます。見た感想としては、非常に「並」な作品でした。つまらないとは言いませんけれど、面白くはないですよね。あれで泣く人間って、たぶんロクな芸術やエンターテイメントに触れてこなかった人でしょうね。普段良い物、素晴らしいものを全然体験したことが無いからビックリしちゃったんですね。ストーリーもありきたりとは言わずとも、まあよく見かけるものですし、2人が惹かれあうに至った描写がかなり曖昧で端折られているし(物語の根底なのに)、凄い部分なんてどこにもなかったような、うーんなんだかなーって感じでした。このアニメに罪はないですよ。とっても綺麗なアニメでしたし。ただこれに騒いだ連中は流石に馬鹿だと思ってしまいますね。

恐らくこの映画を見に行った層の大半ってのは、いわゆるごくごく普通の一般層であって、アニメ映画もTV放送でのジブリしか見たことが無いような人たちで、そんな人たちがあんな風に少し捻られたストーリーで、割と綺麗なオタクっぽくないアニメを見たら感動するんでしょうね。だって普段TVドラマとか邦映画とかで感動している層ですもの。そんな低品質な世界で生きていればそりゃあこのクオリティの映画見たら感動してチビっちゃいますよね。話題が話題を呼んでTVで取り上げられているのを見て、それで多くの一般層がなだれ込んで、それがまたニュースになって、といった感じでしょう。まさに話題が一人歩きした大成功例ですね。途中途中で入ってくるダサいJ-POPが凄くうるさく感じましたし、ラストの方とかもっと良い持っていき方あっただろう!と突っ込みながら見ていましたが、ただ全体を通してアニメーションが綺麗でしたね。それだけは凄く良いと思いました。

IMG_7437.jpg

歴史に残ったゲームをやらずにスマホゲームで満足する人。歴史に残る小説を読まずに携帯小説で満足する人。歴史に残る音楽ではなく素人のカラオケやありきたりな音楽で満足する人。本当に良い物ではなくその時その時の流行を着る人。馬鹿な女ファンがキャーキャー言ってるだけのお笑い芸人で笑う人。そんな人たちにはこの映画はとても良かったんでしょうね。Ryu1さんも結構好きな作品でしたよ。ただ名作ではないですよね。感動は全くしませんでしたね。興行収入では負けてしまうでしょうが、ドラえもん映画の方が圧倒的に良くできていて感動しますね。まあ多くの人々がこの作品をきっかけに映画やアニメや読書(小説)なんかに興味を持つきっかけになったら良いですね。映画界の活性化や経済効果に関しては、この作品は物凄い功績を残したんじゃないでしょうか。兎に角何を言いたいかというと、作品自体はそんなに悪くないですけど、毎度のごとく社会の熱病に嫌気が指したって話。サッカーのワールドカップの熱病と全く同じ印象をいただきましたとさ。写真はリニューアルされた二郎歌舞伎町店。店が小奇麗になっていて、味も若干好みになっていた気がします(勿論、ニンニクマッシマシのアブラマッシマシで注文)。ちなみに本日のウェブログ数は1604字でした。

今回はここまで。
でわにゃん=ΘωΘ=ノシシシシシシシシシシシシシシ
シッポサキマルキリ。

Category: Weblog

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る