2019年05月 : Nonsence Logic
FC2ブログ
2019 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 06

2019年4月23日の雑記

 【02//2019】

AがやっているからBもやってよいって理論を立てる人間が多過ぎて本当に困惑しております。AとBの立場や状況や貢献度など全てが異なる2人の人間を比較対象にして、AもやっているからBもやって良いってどういうロジックなんだ、全く。会社で言ったら、社長がやっているから、一般社員もやって良い!って思っている人間は恐らくほっとんどいないけれども、それを日常生活には持ち出してくる。思考ロジックに一貫性の無い人とは仲良くなれないどうもRyu1です。

知り合いのアパレルブランドの展示会にお呼ばれしており、お洒落限界突破街の原宿はキャットストリートまで赴きました。天気も良かったので、事務所から歩いて向かったのですが、中々面白い光景に出くわしました。日本人、外国人、国籍問わず本当に大勢の人間がタピオカドリンクを片手に街を歩いています。田舎者の観光客ならまだしも、ギターやベースを背よったバンドマンもタピオカドリンクを飲んでおります(驚)。Ryu1さんは漢らしい恰好や音楽が好きで、まさにロックンロールな人生に憧れておりましたし、それがバンドマンだと思っていたのですが、今は違うんでしょうか。だっせえ格好に、カラコンを付けて、タピオカドリンクを片手にロックンロールは歌えるんだろうか。そもそも、タピオカドリンクってどうして今、空前の大ブームが巻き起こっているんだろうか。Ryu1さんが中学生ぐらいの頃には既にタピオカドリンクは売られていた記憶があります。その頃、数回だけ飲んだ記憶もございます(甘すぎて残しそうになった記憶も同時に残っております)。それから、15年ほどが経過して、今更ブームってどういう現象なんだろうか。タピオカドリンクなんてどこの店舗でもある程度一緒の味だろうと思っているのですが、果たして店ごとに特徴や変化などはあるのだろうか。韓流ブームの次は台湾ブームでもやってきているのだろうか。そういえば、昨今のかき氷ブームの際に、台湾かき氷なるものを見かけた記憶がございます!きっとこれはタピオカドリンクブームではなく、台湾ブームに違いないっ!ビビアン・スー!

IMG_1765.jpg
そんなタピオカドリンクを持った人が蔓延るキャットストリートをRyu1さんはたこ焼き片手に闊歩しておりました(写真参照)。たこ焼きも大概だけど、タピオカドリンクよりは遥かに美味しいですよ。何時間も並んでタピオカドリンクを飲むなんて、この世は本当に狂いきってるよ。ちなみに本日のウェブログ数は1074字でした。

今回はここまで。
でわにゃん=ΘωΘ=ノシシシシシシシシシシシシシシ
シッポサキマルキリ。

Category: Weblog

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る